seraphyの日記

日記というよりは過去を振り返るときのための単なる備忘録

最近子供がおかしいといってるやつがおかしい。

同志社中教諭が生徒に体罰 「いじめ抜く」と暴言も

 京都市同志社中学(丹沢登志郎校長)で10月、保健体育の男性教諭(62)が体育祭練習中に、3年
生の女子生徒の頭をたたくなど体罰を加え「おれの前に姿を見せたらいじめ抜く」などと暴言を浴びせてい
たことが25日、分かった。
 止めに入った3年生の男子生徒も振り払われて転倒。いずれもけがはなかったが、同校は教諭を厳重注意
し、生徒と保護者に謝罪した。
 同校によると、教諭は体育祭前日の10月6日午前、1年男子の競技をマイクを使って指導していた。音
量が下がったため放送席に注意した際、通り掛かった女子生徒に「声が大きくてうるさい」と言われたこと
に立腹。生徒の頭をたたき、髪の毛を引っ張って頭を揺さぶったという。
 さらに約10分後、教諭は生徒を運動場の別の場所に呼び出し、暴言を吐きながらしかりつけ服を引っ
張った。止めようとして男子生徒が教諭を羽交い締めにしたが、振り払われて転倒した。
共同通信) - 11月25日11時15分更新

金銭授受問題で校長が経過報告 京都外大西高

 京都外大西高京都市右京区)の空手道部監督の男性教諭が、金銭授受で懲戒処分を受けた問題で、同高
北村聡校長らが24日、京都市上京区の府庁を訪れ、経過を報告した。府は「教育現場で疑惑を招く不明
確な会計があってはならない」(文教課)として同高に対し、会計の適正化と再発防止に努めるよう指導し
た。
 北村校長は、同高が校内に設置した調査委員会の結果を踏まえ、教諭が「指導の謝礼」として、同部OB
が在学当時に保護者から金銭を受け取った経過や、教諭を2カ月の停職処分とした理由などについて府に報
告した。関連の生徒はすべて卒業しているという。
京都新聞) - 11月24日21時26分更新