seraphyの日記

日記というよりは過去を振り返るときのための単なる備忘録

サメ操縦し情報収集 米軍「新兵器」実用近づく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060309-00000014-nnp-int

サメ操縦し情報収集 米軍「新兵器」実用近づく

 【ワシントン7日松川貴】米海軍水中戦争センター(ロードアイランド州ニューポート)がサメを「情報収集兵器」に使う研究を行い、実用に近づいていることが分かった。先月末、ハワイであった米地球物理学連合(AGU)海洋科学学会で研究者が明らかにした。

 ニューサイエンス誌などによると、研究は「音をたてずに泳ぎ、鋭い嗅覚(きゅうかく)で獲物を追尾する」サメの能力に着目。神経刺激装置を埋め込んだサメをソナーで操縦し、艦船を追尾したり、潜水艦などの海面下の軍事情報を得る。国防総省の新兵器開発を担当する防衛高等研究計画局の予算で進められている。

 小型のツノザメを使った水槽実験は終了し、フロリダ沖で、大型のヨシキリザメを使った海洋実験に移る段階。すでに海軍は、艦船から三百キロ離れたサメに指令を伝達するための音響信号タワーを実験場に設置した。
西日本新聞) - 3月9日2時13分更新

当然、サメは現在の技術では工場で量産することはできないから、捕獲して飼育してインプラントを脳みそとかに埋め込むのだろう。
埋め込まれたインプラントはサメの体からすれば異物だから、サメは衰弱、次第に病的なものとなるだろう。
もちろん、ある特定の目的が達成でればそれでいい、別に使い捨てであったとしてもミサイルと同じで、そもそも使い捨てで十分用が足りる。サメの健康など、どうでもいいわけだ。
では、海に放して、うまく機能しなくなったサメたちを、どう処分するのか。極めて高度な軍事技術だから捕獲されるようなことは避けたいだろう。異常行動を起こす前に小さな爆薬でも仕込んで脳みそを吹っ飛ばして処分するのか。あるいは衰弱するに任せるのか。

ハードなSFが書けそうなネタだ。
こうゆうバイオものとか、サイバネティックスのネタ、大好きだよ。

でも、これ現実なんだよね…。